フリービット、総務省よりFMC用電話番号「060-0」の指定を受けたことを発表

モバイルルータ+F FS030W富士ソフト

・長時間通信対応(WiFI接続:20H/BT接続:24H)
・マルチキャリア対応
・簡単設定(APN自動設定)
・クレードル対応(自宅回線としても利用可能)

仕様

型番 FS030WMB1
サイズ 高さ 約 74.0mm×幅 約 74.0mm×厚さ 約 17.3mm
質量 約 128g
通信方式(ネットワーク側)※1 LTE 受信時最大 150Mbps/送信時最大 50Mbps
3G 受信時最大 42Mbps/送信時最大 5.76Mbps
通信方式(端末側)※1、2 無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac 最大433Mbps
Bluetooth 最大3Mbps
ネットワークおよび周波数※3 LTE docomo 2.1GHz(バンド1) / 1.7GHz(バンド3) /800MHz(バンド19) / 1.5GHz(バンド21)
KDDI 2.1GHz(バンド1) / 1.5GHz(バンド11) / 800MHz(バンド18)
SoftBank 2.1GHz(バンド1) / 1.7GHz(バンド3) / 900MHz(バンド8) / 1.5GHz(バンド11)
3G docomo 2.1GHz(バンド1) / :800MHz(バンド6) / 800MHz(19)
KDDI 非対応
SoftBank 2.1GHz (バンド1)/ 1.7GHz(バンド3)
無線LAN※4 2.4GHz/5GHz
Bluetooth 2.4GHz
連続待受時間(無線OFF時)※5 約600時間
連続通信時間※5 無線LAN通信 最大20時間(LTE通信時)
Bluetooth 最大24時間(LTE通信時)
動作環境 動作温度範囲 0℃〜35℃
保管温度範囲 -20℃〜60℃
動作湿度範囲 5%〜95%(結露なきこと)
保管湿度範囲 5%〜95%(結露なきこと)
無線LAN同時接続数 15台
Bluetooth接続数 5台
USB接続数 1台
セキュリティ WEP,WPA-PSK,WPA2-PSK
対応SIM LTE 対応SIM(形状:microSIM) 
充電用端子 microUSB(USB2.0)
充電用電源 5.0V(DC),1.5A MAX
最大充電時間 ACアダプタ利用時:最大3時間
バッテリー※6 リチウムイオンポリマー 3,060mAh(3.7V) 着脱式
国際ローミング 非対応
表示言語 日本語/英語/中国語
オプション機能 +F MDM機能:遠隔監視/制御が可能な機能

※1 各通信事業者により、通信速度・エリアなどの提供サービスは異なります。

※2 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況、接続機器などに応じて変化します。

※3 各通信事業者および使用状況により、使用する周波数は異なります。

※4 本製品の電源ON時、2.4GHzから5GHz(W53/W56)に切り替えた際に、周囲に電波干渉を起こす気象レーダーなどがないか1分間確認し、電波干渉を起こさないチャネルに接続します。本動作中はディスプレイに動作中を示す画面が表示され、動作中は接続ができません。

※5 連続通信時間、連続待受時間は使用環境や電波状況により変動します。

※6 充電完了後も充電器に接続したままにすると、充電と放電を繰り返すことになりますので、電池パックの消耗が早まり膨らむ場合があります。電池が膨らむことはリチウムイオン電池の特性であり、安全上問題ありません。

※7 本製品の電源OFF中に充電を開始すると自動的に電源ONになり、すぐに通信ができる状態になります。不要な通信を行いたくない場合は、電源ボタンを押し電源をOFFにしてください。

※Wi-FiはWi-Fi Alianceの登録商標です。

※FSMobile、+Fは、富士ソフトの登録商標です。

※docomoは、株式会社NTTドコモの登録商標または商標です。

オプション

FS030W 専用クレードル

FS030W 専用クレードル
品名 FS030W 専用クレードル
型番 CRDFS030W
Ethernetインターフェース 物理インタフェース 8ピンモジュラージャック(RJ-45)×1ポート
インタフェース 1000BASE-T
伝送速度 1000Mbps
ACアダプタインタフェース 物理インタフェース USBコネクタ(micro B-type)×1ポート※1
LED 電源状態
通信状態
重さ 約63g
サイズ 高さ 約50.0mm×幅 約90.0mm×奥行き 約42.2mm

※1 給電専用のACアダプタ接続用ポートであり、USB通信はできません。

※ 本商品は、+F FS030W専用品です、他機種には対応してりません。

※ 本体付属のACアダプタを接続してお使いください。

よくあるご質問

対応OSは何ですか
次のOS に対応しています。
Windows 10 (32bit/64bit)
Windows 8.1 (32bit/64bit)
Windows 8 (32bit/64bit)
Windows 7 SP1 (32bit/64bit)
Mac OS X 10.8〜10.11 (64bit Intel)
iOS 8.3〜10.1.1
Android OS 4.4.2〜6.0

※上記の環境以外では、動作しない場合があります。また、上記に該当する場合でも、パソコン本体・接続されている周辺機器、使用するアプリケーションなど、お客様がご利用の環境によっては、正常に動作しない場合があります。
※Android,iPhone/iPadに関しては一部設定できない機能があります。
※OSのアップグレードからの動作は保証いたしかねます。
Windows RTに対応していますか
Windows RTには対応しておりません。
Windows Mobileに対応していますか
Windows Mobileには対応しておりません。
設定ツールのアクセス方法を教えてください。
PCやスマートフォン、タブレットと接続した後、WEBブラウザを起動し、次のURLを入力します。
http://192.168.100.1/
使用データ量は確認できますか
使用データ量は、FS030Wのディスプレイもしくは、WEBブラウザベースの「FS030W 設定ツール」の接続情報の画面で確認できます。

■ディスプレイ表示
利用したデータ通信量は、ディスプレイ下部に[データ通信量]/[データ通信量最大値]の形式で表示されています。
※ データ通信量最大値は「FS030W 設定ツール」のデータ通信量メニューで最大値の設定を行う必要があります。 出荷時は設定されていません。
※ データ通信量最大値が未設定の場合は、「---」が表示されます。


■FS030W設定ツール
1. 本製品とパソコンなどの機器を無線LAN接続します。
2. 無線LAN機器のWebブラウザを起動し、アドレス欄に「http://192.168.100.1/」と入力するとログイン画面が表示されます。
3. パスワード欄にパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。
※ ログインパスワードは本製品お買い上げ時、「admin」に設定されています。セキュリティ保護のため、変更することをお勧めします。
無線LANを利用する場合、パソコン本体にワイヤレスユーティリティなどをインストールする必要がありますか?
インストールする必要はありません。
設定ツールを英語表記に変更できますか?
設定ツール画面の右上にある表示言語から「英語」を選択することで、英語表記に変更できます。
なお、表示言語は、日本語と英語以外に、「中国語」に変更することができます。
設定ツールのログイン画面が表示されません。
本製品と無線LAN接続した機器のブラウザを起動し、アドレス欄に「http://192.168.100.1/」と入力した際に、設定ツールのログイン画面が表示されない場合は、以下をご確認ください。
・本製品と無線LAN接続機器(パソコンなど)が正しく無線接続が出来ていますか
・例えば、Windows 8.1で接続の場合:こちらの手順7の表示になっていますか。
・本製品に接続している無線LAN接続機器(パソコンなど)のIPアドレスが「192.168.100.***」を取得していますか。
(「192.168.1.***」「「192.168.255.***」などになっていませんか。)
・本製品のプライベートIPアドレスを初期値から変更していませんか。
ログインパスワードを忘れてしまったため、FS030W 設定ツールを開くことができません
ログインパスワードを忘れてしまった場合は、FS030W 設定ツールを開くことはできません。
FS030W 設定ツールを開けるようにするには、FS030Wの初期化を行い、ログインパスワードを再登録します。
その際、登録したログインパスワードは、忘れないようにクイックスタートガイドなどに記載をして保存してください。
以後はそのログインパスワードを入力することで、FS030W 設定ツールが開きます。
FS030W には、何台の機器を接続できますか
無線LAN接続最大15台、Bluetooth接続最大5台、USB接続最大1台を同時に接続できます
USBテザリングに対応していますか
はい、対応しております。USBテザリングできる機器は、次のOSとなります。
・Windows 10 (32bit/64bit)
・Windows 8.1 (32bit/64bit)
・Windows 8 (32bit/64bit)
・Windows 7 SP1 (32bit/64bit)
・Mac OS X 10.8〜10.11 (64bit)
Bluetoothテザリングに対応していますか
はい、対応しています。
ただし、ご利用の機器がPANU(Personal Area Network User)に対応していない場合は、Blluetooteを使用して通信できません。ご利用の前に、機器がPANUに対応していることをご確認ください。
なお、iPhoneはPANU(Personal Area Network User)に非対応のため、Bluetoothで通信することは出来ません。
SDカードは、使えますか
使用できません。
国際ローミングに対応していますか
対応しておりません。
3G/LTEのパケット接続を手動で接続・切断することはできますか
手動での接続・切断には対応していません。自動制御のみとなります。
3G(WCDMA)とLTEのいずれか一方の接続だけに固定できますか
設定ツールのネットワーク設定のネットワークモードで、次の3種類を選択できます。
・自動
・LTE
・3G
ただし、LTE対応SIMカードでは、「自動」もしくは「LTE」が選択でき、3Gのみに固定することはできません。
また、3G回線契約のみのSIMカードは「3G」のみを選択してください。
どのメーカーのタブレットでも使えますか
無線LANを搭載したタブレットであれば、接続が可能です。
※無線LANの周波数やチャネルにより利用できない場合があります。
FS030Wで設定できる周波数とチャネルがご使用のタブレットでも利用できるか確認をしてください。
ゲーム機と接続できますか
ゲーム機と接続することは可能です。
FS030W本体を購入時の状態に戻すことはできますか
本製品の電源が入った状態で、リセットボタンを5秒以上押すと、本製品の設定内容がご購入時の状態に戻ります。
※SIMカードの登録内容は、削除されません。
※リセットボタンを押す前に、本製品の設定した情報の保存をおこなってください。
パソコン以外の機器(タブレットやモバイル機器など)を使用して、設定内容の保存および復元ができません。
設定した情報の保存動作および復元は、Windows および Mac OS のみ可能です。タブレット機器、モバイル機器からは、本機能はご利用になれません。
SIMカードを利用する為の設定は、何種類設定されていますか
ご購入時の状態では、SIMカードを利用する為の設定はされておりません。
初期値の接続先はどうなっていますか
ご購入時の状態では、初期値の接続先は、設定されておりません。
工場出荷設定(初期化)
■リセットボタンによる初期化■
本製品の電源が入った状態で、本体裏面にあるリセットボタン(下図参照)を5秒以上押すと、本製品の設定内容がお買上げ時の状態に戻ります。
工場出荷設定(初期化)後に、製品が再起動されることを確認してください。
※リセットを行っても、SIMカードの登録内容は削除されません。
※リセットボタンは爪楊枝のような、先端が尖ったもので押してください。強く押しすぎると、破損の原因になります。また、ペンや鉛筆などを使うと、インクなどが付着し汚損する場合があります。


■FS030W設定ツールによる初期化■
FS030W 設定ツールを使って、本製品をお買い上げ時の状態に戻します。
1. 本製品とパソコンなどの機器を無線LAN接続します。
2. 無線LAN機器のWebブラウザを起動し、アドレス欄に「http://192.168.100.1/」と入力するとログイン画面が表示されます。
3. パスワード欄にパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。
 ログインパスワードは本製品お買い上げ時、「admin」に設定されています。

4. 画面左の設定メニューより[システム設定]-[工場出荷設定]をクリックし、「初期化」ボタンをクリックします。

5. 本製品が再起動しますので、再起動されたら本製品との無線LAN接続を再度確認します。
有線LANに接続して、利用できますか?
オプション品のFS030W専用クレードルをお使いいただくことで、有線LANに接続して利用いただくことができます。

■デスクトップパソコンなどの無線LAN(Wi-Fi)非対応機器とルータモードで接続することができます。

■ご自宅のブロードバンドルータやハブと接続しAPモードとして利用することが出来ます。
FS030Wを経由でSMSを使えますか?
FS030Wには、SMS受信/送信の機能を搭載しておりませんので、SMSは利用できません。
停電等でバッテリ切れとなり電源OFFとなった場合、電源供給が開始された段階で自動的に電源が入りますか?
FS030Wでは自動で電源をONする機能は有しておりません。
電源供給が開始されても、手動で電源ONしなければなりません。
遠隔地に置いているFS030WのWAN側の通信が切れた場合、遠隔から再起動させる方法はありませんか?
FS030Wは、遠隔から再起動することが出来ません。
電池パックが膨らんでいる
電池パックが膨らむ事象の原因は、電池パックの劣化もしくは、充電完了後もしばらく充電器に接続したままでいたことが考えられます。

電池パックは、ご使用条件により、寿命が近づくにつれて膨れる場合があります。
また、充電完了後も充電器に接続したままにすると、充電と放電を繰り返すことになりますので、電池パックの消耗が早まり膨らむ場合があります。 この事象はリチウムイオン電池の特性であり、安全上問題ありません。

ただし、ご心配であれば、検査および交換などの対応をさせていただきますので、保証書に記載されている富士ソフトサポートセンターへご連絡ください。
電池残量は、どうすれば確認できますか?
本体右上部のディスプレイの電池残量表示で確認できます。
電池パックの駆動時間は、どのくらいですか?
充電完了の状態からの連続通信時間は、次のとおりです。
無線LAN利用 :最大20時間 (LTE通信時)
Bluetooth利用:最大24時間 (LTE通信時)
※利用可能時間は、充電/放電の繰り返しにより徐々に短くなります。
※通信環境により、通信時間は変動します。
※測定条件: FTPで500kbyteのデータを1分毎にダウンロード。
久しぶりに使おうとしたら、数分で電池パックがなくなりました。端末の不良でしょうか?
使用していない状態でも、電池パックは放電します。長時間使用しなかった場合は、充電してから使用してください。
充電時間は、どのくらいですか?
充電時間の目安は、次のとおりです。
※約3時間(ACアダプタ)
※充電の際は、必ず同梱のACアダプタとmicroUSBケーブルをご利用ください。
※充電完了までの時間は、本製品を電源ONした状態での充電を想定した目安であり、周囲の温度や電池パックの使用期間などにより異なります。
充電中も使えますか?
すべての機能が利用できます。
※ただし、充電完了後も充電器に接続したままにすると、充電と放電を繰り返すことになりますので、電池パックの消耗が早まり膨らむ場合があります。
電池パックが切れた直後に充電しても接続できません。
電池パックが完全に切れた直後に充電を開始しても、インターネットへ接続できない場合があります。数分ほど充電してからご利用ください。
ディスプレイ上の電池残量アイコンがイナズママークのままで、充電ががなかなか終わりません。
バッテリの劣化(寿命)が考えられます。故障の可能性もありますので、一度富士ソフト モバイル端末サポートセンターにご相談いただくことをお勧めいたします。
FS030WのACアダプターで充電を始めると、ACアダプターが熱くなります
電池パックに充電するために多くの電気が流れるため熱くなりますので、一定の発熱は正常です。
通常はほのかに温かい程度ですが、室温が高いと表面温度も上がるため、使用環境によっては体感として熱いと感じられる温度(45度〜50度)を超える可能性がございます。
使用環境にも依存しますが、室温30℃以下で、60度を超える場合は、機能的に使用できても不良と判断しております。
また、ACアダプタのみをコンセントに挿していて、FS030Wは充電をしていない状態でも熱がある場合、不良の可能性がございます。

保証書に記載されている富士ソフトサポートセンターへお問い合わせください。
FS030WはUSBから充電できますか?
USBからも充電が可能です。
使用中のルーターがどういう状態になったら、充電するのでしょうか?
FS030Wはどの状態で充電していただいても問題はございません。なお、FS030Wディスプレイの電池残量が赤く表示された場合は、ただちに充電をしてください。
ルーターがどういう状態になったら、充電が完了なのでしょうか?
FS030Wディスプレイの電池残量のアニメーションが停止したら、満充電状態となります。
無線LANのオン/オフはできますか?
FS030Wの設定ツールで、無線LANの有効・無効の設定ができます。
1.FS030Wとパソコンなどの機器を無線もしくはUSBで接続します。
2.接続した機器のWebブラウザを起動し、アドレス欄に、「http://192.168.100.1/)」と入力すると ログイン画面が表示されます。
3.パスワード欄にパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。
4.左の設定メニューから、「LAN設定」-「プライマリ無線LAN設定」もしくは「セカンダリ無線LAN設定」を選択します。
5.「無線LAN設定」の「無効」ラジオボタンを選択し、「適用」ボタンをクリックします。
6.設定ツールが下記の画面に切替わり、本体のディスプレイ表示が更新されれば完了です。
無線LAN(Wi-Fi)の最大通信速度は、どのくらいですか?
IEEE802.11ac において、最大433Mbpsとなります。
※子機側の仕様に依存します。
複数の Wi-Fi 機器を同時に接続すると、速度は低下しますか?
複数の Wi-Fi 機器を接続した場合、1台あたりの速度は低下する場合があります。また、接続する Wi-Fi 機器によっては、通信速度がかたよる場合があります。
他の機器から、電波の干渉を受けることはありますか?
無線LAN 2.4GHz帯利用中は電子レンジや同等のWi-Fi機、無線LAN 5GHz帯利用中は気象レーダーなどから電波干渉を受けることがあります。

なお、本製品は無線LAN 5GHz帯での干渉を避けるため、法令によりDFS機能を搭載しています。
無線LAN 5GHz帯利用中に気象レーダーなどの電波干渉が起きる可能性がある電波を検知した場合は、DFS機能が動作し、
電波干渉を起こさないよう2.4GHz帯に自動的に切り替わります。
自宅で利用している無線ルータとの距離は関係ありますか?
使用チャンネルが同一または隣接している場合、電波干渉を受けやすくなります。約4 〜 5 m、離してご利用ください。
同じ場所で、FS030Wを複数台利用して、多くの機器と接続できますか?
複数のFS030Wを利用できます。

無線技術の特性上、同時に大容量の通信を行った場合、通信速度に影響する場合があります。
FS030Wを無線LAN ルーターとして、プリンターやパソコン同士と接続できますか?
無線プリンタやパソコンが、2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/n もしくは、5GHz帯のIEEE802.11a/n/acに対応している場合、接続することができます。
エリア外でもWi-Fiだけ使うことはできますか。
無線LANは使用できます。インターネットには接続できません。
スマートフォンおよびタブレットでFS030WのSSIDが見えない、昨日までつながっていたのに今日はつながらない。
FS030WはWiFiのチャネルが1ch〜13chまでサポートしていますが、一部のスマートフォンやタブレットではチャネルが1ch〜11chまでしかサポートしていないものがあります。

FS030Wのチャネル設定が自動にしていると、起動時に12,13chになってしまった際、1ch〜11chまでしかサポートしていないスマートフォンやタブレットからはFS030Wが見えなくなり、 接続ができません。
「SSIDが見えない」、「昨日までつながっていたのに今日はつながらない」などの場合は、 ご利用のスマートフォンやタブレットの対応チャネルをご確認いただき、 FS030Wのチャネル設定を自動ではなく、ご利用のスマートフォンやタブレットの対応チャネルに設定してご利用ください。
ディスプレイのQRコードを読み取ってもWi-Fiに接続できません。
ディスプレイに表示されているQRコードは、FS030W用スマートフォンアプリから読み取ることでWi-Fiに接続できます。
スマートフォンのQRコードアプリで読み取っても、接続できません。

なお、FS030W用スマートフォンアプリは、近日公開予定ですので、しばらくお待ちください
追加で購入したパソコンやゲーム機などを、1台目と同様に無線LAN(Wi-Fi)接続を行う場合はどうすればよいですか
1台目に接続したパソコンやゲーム機が無線LAN(Wi-Fi)接続できていれば、FS030W側の追加設定項目はありません。

追加購入したパソコンやゲーム機から無線LAN(Wi-Fi)設定のみを行ってください。
無線LAN(Wi-Fi)接続できる機器を教えてください
2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/n もしくは、5GHz帯のIEEE802.11a/n/acに対応している機器であれば、原則利用できます。
公衆無線LANを利用できますか
公衆無線LANは利用できません。
WPS(Wi-Fi Protected Setup)機能に対応していますか
WPS 機能に対応しています。FS030W設定ツールのWPS設定が有効の場合、本体側面のWPSボタンを3秒以上押すと、WPSが開始されます。
AOSS、らくらく無線スタート機能に対応していますか
AOSS、らくらく無線スタート機能には対応しておりません。
無線LAN(Wi-Fi)で接続されるPCでファイルを共有できますか?
下記のような操作を行うことができます。
・無線LAN(Wi-Fi)で接続されるPC間でファイルを共有する
・無線LAN(Wi-Fi)対応プリンタと接続をする
パソコン (ノートPC) を省電力モードで使用していたところ、無線LAN(Wi-Fi) の速度が遅くなりました。
パソコンを省電力モードでご使用の場合、無線LAN(Wi-Fi)の速度が遅くなることがあります。
AC電源を接続した状態でご使用されるか、設定モードを変更してください。
SSID/セキュリティ方式のデフォルト値が分かりません。
SSIDは、本製品ディスプレイに表示されています。ディスプレイが通信・電池状態画面で、電源ボタンを1回押すと画面が切り替わり、無線LAN接続情報画面が表示されます。

ただし、表示切り替え設定を無効に設定した場合、画面の切り替えは行わず、上記の確認ができません。
その際は、FS030W設定ツールにログインし、「システム設定」ー「表示設定」を選択し、「表示切り替え設定」を有効に変更した上で、確認してください。また、デフォルトのセキュリティ方式は、WPA2 Personal AESです。
タブレット端末のOSをバージョンアップしてから、無線LAN(Wi-Fi)が遅くなったり、切れたりします。
ご利用のタブレット端末の無線LAN(Wi-Fi)接続設定を再設定すると、改善する場合があります。
設定方法については、タブレット端末の取扱説明書をご覧ください。
改善されない場合、タブレット端末の製造元へお問い合わせください。
本製品と無線LAN(Wi-Fi)機器が接続できません。
以下の内容を確認してください。
・本製品と無線LAN(Wi-Fi)機器の無線LAN(Wi-Fi)機能がONになっていることをお確かめください。
・本製品に設定されている無線LAN(Wi-Fi)のセキュリティ設定に、ご利用の無線LAN(Wi-Fi)機器側が対応していない可能性があります。
・ご利用の無線LAN(Wi-Fi)機器が対応している認証方式に本製品の設定を変更してください。
・ご利用の無線LAN(Wi-Fi)機器の仕様については、ご利用の無線LAN(Wi-Fi)機器のお取扱説明書を参照ください。
・無線LAN(Wi-Fi)のセキュリティキーの入力が間違っていないかお確かめください。
「ネットワークキー」「パスフレーズ」「ネットワークパスワード」とは何のことでしょうか?
「ネットワークキー」「パスフレーズ」「ネットワークパスワード」は、暗号化キーのことです。
FS030Wは、初期設定で暗号化キーが設定されています。
無線接続を行う場合は、暗号化キーを入力しないと接続ができません。
暗号化キーは、FS030W本体のディスプレイで確認できます。電源ボタンを押下して画面上で確認ください。

※表示切り替え設定を無効にした場合、画面の切り替えは行えないため、ディスプレイで暗号化キーを確認することはできません。
表示切り替え設定を有効にするか、FS030Wの設定ツール画面で確認してください。
アクセスポイント検索で、接続を行うFS030Wのネットワーク名(SSID)が表示されません
SSIDブロードキャストを無効に設定されていることが考えられます。
初期状態ではSSIDブロードキャストは有効になっていますが、SSIDブロードキャストを無効とすると、FS030Wのネットワーク名(SSID)が表示されなくなります。
SSIDブロードキャストを有効に戻すことで、FS030Wのネットワーク名(SSID)が表示されるようになります。

上記で解決しない場合は、次の2点を確認してください。
①FS030Wのチャネルが、接続機器側の対応チャネル範囲外になっている可能性があります。
FS030Wはデフォルトで自動に設定されています。接続機器側の対応チャネルを確認の上、FS030Wのチャネルを接続機器の対応チャネル範囲内の固定値に変更して接続してください。

②①で解決しなかった場合は、接続機器側のWi-FiをOFF/ONしたり、FS030Wや接続機器を再起動し、確認してください。
接続を行うFS030Wのネットワーク名(SSID)とセキュリティキーが分かりません。
SSIDとセキュリティキーは、本製品のディスプレイに表示されています。ディスプレイが通信・電池状態画面で、電源ボタンを1回押すと画面が切り替わり、無線LAN接続情報画面が表示されます。

ただし、表示切り替え設定を無効に設定した場合、画面の切り替えは行わず、上記の確認ができません。
その際は、FS030W設定ツールにログインし、「システム設定」ー「表示設定」を選択し、「表示切り替え設定」を有効に変更した上で、確認してください。
WEP機能に対応していますか?
WEP および WPA に対応しています。ご購入時は、WPA が設定されています。

ご購入時、機器固有のネットワーク名(SSID)と暗号化キー(WPA KEY)が設定されています。初期値は本製品裏面のシールに印字されていますのでご確認ください。

通信の安全性を高めるためには、WEP よりも WPA/WPA2 の認証方式で設定することをお勧めします。ただし、一部のゲーム機などでは、この方式で接続できない場合があります。
暗号化キー(WEP キーまたはWPAキー)は変更できますか?
FS030W 設定ツールで変更できます。
WEP 設定のまま、WPS を利用できますか
WPSは無線LANのセキュリティモードがWPA、またはWPA2の場合のみ有効です。WEP 設定のままでは、WPSをご利用いただけません。
インターネットへの接続ができません。
通信・発信できない事象が発生している場合は、以下の内容をご確認ください。確認しても動作しない場合は、富士ソフト モバイル端末サポートセンター(TEL:050-3786-1789)までお問合わせください。

■ディスプレイの下部に「APN設定を確認」と表示されている場合
・プロファイルが正しく設定されていません。
FS030W設定ツール(http://192.168.0.1/)にログインしていただき、プロファイル設定をはじめとしたネットワーク関連の設定が正しくされていることをご確認ください。

■端末本体のアンテナバーが圏外表示且つ、ディスプレイの下部に「SIM未挿入」と表示されている場合
・本製品にSIMカードが正しい向きで取り付けられていない可能性があります。 端末裏蓋のシールや、「SIMカードの取り付けかた/取り外しかた」を参照の上、正しくSIMカードを挿入し、再度端末の電源を入れてください。

■端末本体のアンテナバーが圏外表示であるが、ディスプレイの下部にメッセージが表示されていない場合
・サービスエリア圏外の可能性があります。 サービスエリア内であることをご確認ください。
・基地局の回線が混雑している場合は、利用できないことがあります。しばらくしてから再度発信してください。
・PINコードの設定を確認してください。PINコードが有効、またはPINロック状態、完全ロック状態になっている可能性があります。

■端末本体のアンテナバーが0本の場合
・電波の届きにくい場所にいる可能性がありますので、電波が安定している場所(端末本体のアンテナバーが2本以上表示される場所)に移動して、再度ご確認ください。
通信が切れやすいです
電波状態が良くない場合があります。電波状態の良いところで再度ご確認ください。
それでも事象が改善されない場合は、本製品の電源をいったんオフにしてから、再度電源をONにしてください。
電波状況は問題ないのに、通信が極端に遅いです
お使いいただいている環境で、他のWi-Fi無線機があるとWi-Fiの速度が遅くなる可能性がございますが、
速度は遅いがご利用いただける場合は、機器の不良の可能性は低いです。

LTE通信速度については、SIMのご契約に依存いたします。ご利用のSIMのご契約内容をご確認ください。
もし、FS030Wの故障がご心配な場合は、検証を承ることが可能です。その際は、保証書に記載のサポートセンターまでお問い合わせをお願い致します。
SIMカードのサイズを教えてください
FS030Wは、microSIMのSIMカードとなります。標準サイズ、nanoSIMではございません。
MVNOの LTE・3GデータSIMのSIMカードは、使用可能でしょうか?
本機は、特定のSIMカード以外を利用できないように制限する機能を有しておりませんので、LTE/3Gエリア対応・SIMフリー端末対応SIMであれば、ご利用は可能です。SIMサイズはmicroSIMをご選択ください。

なお、通信利用にあたっては、本製品のユーティリティを使用してプロファイル情報の設定が必要ですので、設定ツールを使用してプロファイル情報を設定してください。
また、プロファイル情報につきましては、ご契約のSIMカード毎に異なりますので、SIMカードご購入元の販売店、または通信事業者様サポート窓口へお問合せください。

尚、弊社からSIMカードをご購入いただいたお客様は、当社お問い合わせフォームか弊社営業までお申し付けください。
海外で現地のSIMを挿入して使用できますか?
本製品は国際ローミング、日本国内の通信事業者Docomo,au,Softbank系SIM以外には対応しておりません。
そのため、海外でご利用いただくことはできません。
SIMを挿入しても、ディスプレイに「SIM未挿入」が表示されたままです
ディスプレイに下記の表示がされている場合は、SIMが正しく挿入されておりません。
SIMカードの向きは正しいですか?切り欠けの方向に注意し、SIMカードの金属面を下に向けSIMカードスロットにのせてください。

micro SIMカードスロットのカバーはロックされていますか?。
SIMと電池の間に隙間があるため、SIMカバーで抑えないと接点に接触せずSIMカードが認識されません。
カバーを閉じて矢印の方向にスライドさせてロックをかけてください。
PINコードを忘れてしまいました。
PINコードはSIMカードに設定される情報のため、本製品をご購入いただいた販売店、または通信事業者様のサポート窓口にお問合せください。
尚、弊社からSIMカードをご購入いただいたお客様は、当社お問い合わせフォームか弊社営業までお申し付けください。
PINコードにロックがかかってしまいました。
SIMカードに関する情報のため、本製品をご購入いただいた販売店、または通信事業者様のサポート窓口にお問合せください。
尚、弊社からSIMカードをご購入いただいたお客様は、当社お問い合わせフォームか弊社営業までお申し付けください。
初期PINコードはいくつですか。
初期PINコードは空(なし)です。
製品型番の確認方法
次のいずれかの方法で確認できます。
・本製品の右側面のWPS横に印字されている「FS030W」が型番になります。
・本製品の裏面ラベルの「Mobile Router」の後の英数字が型番になります。
IMEIの確認方法
本製品の裏面ラベルの[IMEI:]横の数字が、IMEI番号になります。
ソフトウェアバージョンの確認方法
1. 本製品とパソコンなどの機器を無線LAN接続します。
2. 無線LAN機器のWebブラウザを起動し、アドレス欄に「http://192.168.100.1/」と入力するとログイン画面が表示されます。
3. パスワード欄にパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。
※ログインパスワードは本製品お買い上げ時、「admin」に設定されています。セキュリティ保護のため、変更することをお勧めします。
4. ログインすると、「基本情報」画面が表示されます。
5. 「ソフトウェアバージョン」の項目を確認します。
電池パックを予備で購入したいのですが、どこで購入できますか?
お問い合わせページまたは弊社営業までお問い合わせください
FS030W用のクレードルが使えません
クレードルは、FS030W本体、ACアダプター、LANケーブルの3つが、クレードルと正しく接続された状態で機能します。
■ACアダプターは正しく接続されていますか?
ACアダプターとUSBケーブルはFS030W本体付属品をご利用ください。
クレードル正面のランプが緑点灯しているかを確認してください。 緑点灯していない場合は、クレードルとUSBケーブル間もしくは、ACアダプターとUSBケーブル間が接触していないことが考えられます。
■LANケーブルは正しく接続されていますか?
LANケーブルのツメが折れている場合は認識しづらい傾向にあります。 ケーブル接続状態で緑点灯していない場合は、ケーブルが認識されておりませんので、再度ケーブルを抜き差しして奥まで差し込んでください。
■FS030W本体はクレードルに装着されていますか?
FS030W本体は、クレードルの奥まで差し込んでください。 クレードルにFS030W本体とACアダプターが装着されていれば、FS030W本体が充電中表示になっていることを確認してください。
修理をしたい場合はどうすればよいですか?
「故障・修理について」(http://www.fsi.co.jp/mobile/plusF/support/troubleshooting.html)の内容をご確認の上、
富士ソフト モバイル端末サポートセンター(TEL:050-3786-1789)までお問合わせください。
修理受付の場合は、端末の機種名やIMEIを確認させていただきますので、事前にご確認をお願いします。
また、端末修理の場合は、以下を故障受付窓口にお送りいただく必要があります。
・故障端末
・ACアダプタ、USBケーブル(充電に関する故障の場合)
・クレードル(クレードルに関する故障の場合)
・保証書
・販売店発行の納品書

お問い合わせ

FS030Wのお見積請求やご不明点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

プライバシーポリシー

フリービットは、個人情報保護に関する法令を遵守し、お客様よりお預かりする個人情報を適正に保護します。
弊社個人情報保護方針をお読みいただき、ご同意のうえでお問い合わせください。

TOPへ